住宅ローンの返済~住宅ローンについて知っておくんだゾ~

Finance

投資と住宅ローン

将来不動産投資を行おうと考えている方の中には、住宅ローンの繰り上げ返済を行っているかたもいます。しかし、住宅ローンの返済を行いながら貯金をすることがとても大切です。

もっと詳しく

住宅ローンの金利

住宅ローンの金利には特徴があり、年月が過ぎると金利が変動をすることがあります。また、景気の動きで住宅ローンの金利に違いが出てくるため、時代によってどのようなローンを組むのか考える必要があります。

もっと詳しく

ネットの住宅ローン

現在はインタネットを利用してサービスを行っている銀行が、住宅ローンのサービスを始めています。そのため、各金融機関において住宅ローンのサービスに違いがあることから、利用の際は比較をして選ぶことが大切です。

もっと詳しく

低金利というメリット

不動産ローンのご相談はコチラへしましょう。様々なプランがあるので、安心ですよ。借り入れから返済までサポートしてくれます。

住宅ローンの金利が気になるという方はこちらのサイトをご覧ください。オススメの会社なども紹介しているので必見ですよ。

今ほど低い金利水準はありません

ここ数年で住宅ローンを組んでいるのであれば、その返済は約定通り行っていきましょう。なぜならば、最近の住宅ローン金利は今までにないほど低い水準であるからです。もしも、手元資金に余裕があり繰上げ返済をしようと考えているのであれば、その一部でも資産運用に回し、副収入を得る努力をしましょう。住宅ローンには低金利であるというメリットの他に住宅ローン減税というメリットもあります。これは一定の基準を満たした住宅を住宅ローンを組んで購入した際に、その住宅ローンの年末残高の1%が税金還付されるというものです。例えば、年末残高が3000万円あったとしたら30万円が還付されるのです。源泉所得税が還付されてもまだ還付しきれいていない分は翌年の住民税から差し引かれます。

利息が実質的にタダになっているケースもあります

住宅ローンの変動金利は1%を切っていることが常態化しているので、変動金利型を選択している人の中には、税金還付で利息負担分をすべてカバーできてしまっているケースもあるのです。繰上げ返済をしてしまうと、年末残高が少なくなりますから、当然、税金還付も少なくなります。ほとんどただで借りているお金ですから住宅ローンを組んでから当初10年はゆっくりと返済をしていればよいのです。もしも、5年以上前に住宅ローンを組んでいるようであれば、一度、借換えの相談をしてみましょう。ケースによっては借換えにより数百万円のメリットが出る可能性もあります。今の低金利や制度を最大限活用し、少しでも家計の負担を和らげておきましょう。

使用頻度やライフスタイルに合わせて選んでおくことが大切です。クレジットカードのおすすめランキングを参考にしてみてよう。